一難去って、また一難

つい最近19号が過ぎたかと思えば、またやって来ました(泣)

台風21号

今回は小笠原諸島に直撃し、島全体が暴風域に包まれました。かつてないほどの強い風に襲われ、木々がなぎ倒されて道路が塞がれたり、長期間に渡って停電するなど、島の自然と、人々の暮らしに大きな爪痕を残しました。

海洋センターもまた然り。これは、そんな台風が過ぎ去った翌日の出来事です。

朝到着すると、入り口には枝葉があちらこちらに散乱し、不穏な光景。

何かが起こっている…

恐る恐る飼育スペースまで進んでみると…この有様でした。

周囲にあった木々が、細い枝はおろか太い根本ごと折れ、飼育槽に入り込んでいました。風の力に衝撃を受けます。

「うわぁ…」という声と共に、思わずため息。

大量の葉が入り込んだことで、水は黄緑色や茶色に変わり、混ざり合ってなんとも言えない匂いが辺りに立ち込めていました。

しかし、覗き込んで見てみるとカメたちは無事な様子。

これはこれで自然ぽくて絵になってる?などと思っているのも束の間。

良く晴れた暑い天気の中、大掃除が始まりました。

カメたちを外に移し、消毒をしながら飼育槽内を掃除しました。この作業自体は定期的に行われているのですが、今回は入り込んだ枝葉が邪魔をし、思うように進みませんでした。

取り除いた木々だけで、高さ1.5mほどの山が出来上がりました。それにしてもすごい量。

1日かけ、皆で動き回った結果がこちら

なんということでしょう。

荒れ果て、まるでマングローブ林と化していた飼育スペースは、台風なんてそもそも来ていなかった、と錯覚してしまうほどに元通りとなりました。

まっさらとなった飼育槽で泳ぐカメたちは、心なしか普段より活発に見えました。

綺麗になってよかったよかった。

気付いてみれば夕暮れ。台風時の喧騒が嘘だったかのような穏やかさでした。

もう台風はこれっきりで終わりにしてください…と自然に願い、明日からまた頑張ろう。と意気込みながら、慌ただしかった1日が終わりました。