百戦錬磨

多くの戦いで鍛えられること。多くの経験を積んでいること。 by Wiki先生

一言では表せないほどの修羅場をくぐり抜けて、初めて得られる境地があります。きっと。

でも、100戦って…多いの?

いやいや。命懸けの真剣勝負(お侍さん的な)なら相当な経験です。
文字通り真剣で100戦するには、勝ち続けないと死んじゃいますから。

ただ、バッティングセンターで100球打ってもメジャーリーガーにはなれませんよね。当然。
物事によっても「百戦」の在り方は様々です。

さて。今回ご紹介するのは、センタースタッフの『調査道具と経験値』についてです。
まずは1枚の写真をご覧ください。

ウミガメレスキュー日誌2018 vol.3

『怒涛』

荒れ狂う大波。激しく打ち寄せる波。の意。
「逆巻く-を乗り切る」「 -のごとき進撃」 by コトバンク先生
(今更ですが、怒涛って波そのものだったんですね…)

それはまさに『怒涛のごときウミガメの進撃』でした。

まずは、本日の早朝に島民の方よりレスキュー依頼が入りました。

島民:奥村川の道路にカメがいます。
海セ:…奥村の川にいるんでしょうか?
島民:奥村川の「道路に」カメがいます。2頭。
海セ:…すぐ行きます。(5:30)

日常と非日常の狭間から

みなさんの日常と非日常は近いですか?遠いですか?
都会に住んでいる方ほど、その距離は遠い気がします。

内地から約1,000kmに位置する海洋島で、固有種をたくさん有し、
人間と自然の距離感がとても近い小笠原では、たまに日常と非日常が混在するんです。

そんな瞬間を写真に収めたので、ご査収ください。

ウミガメレスキュー日誌2018 vol.2

もうvol.2です。早くないですか?
トラブルとかって立て続けに起きるものなんでしょうね。

今回は海洋センターの常連(カメマニア)N村さんよりの通報でした。

N村さん:大村海岸の土嚢の奥にカメがいます。これって帰られます?
海セ:…行きます(飲み会中座)

行ったはいいのですが、暗いし道具はないしで取り敢えず退散。
明朝からレスキューしてきました。現場の写真がこちらです。