今シーズン初移殖!

先日、父島列島全体で産卵が始まったことをお伝えしましたが、今シーズン初の大村海岸で産卵された卵が海洋センターのふ化場へ移植されました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ2巣なのでだだっ広く見えますが、あと2ヶ月程で所狭しとプレートが刺さっている光景に変わる事でしょう…。
※大村海岸から卵を移殖する理由については、『大村海岸における卵の移殖と、人工ふ化放流』をご覧ください。

そしてウミガメマニアの方々、ウミガメについてまったく知らない方々、お待たせしました!
大村移殖スタートに伴い、6月中旬より『ウミガメ教室3時間コース』の受付を開始いたします!

インドネシア調査

2週間のインドネシア調査から帰ってきました。
200巣近くのふ化率調査もできて、収穫の多い調査でしたが、、、

イリエワニとニアミスしました!! 足跡から想定するに3m級だそうです!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イリエワニの足跡

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 


数日前にも近くの川で人がワニに食べられたというニュースを耳にしていたので、夜間調査ではオサガメ以上にワニは居ないかドキドキしてしまいました。

本日の調査は南島!

小笠原に来る方に大変人気の島ですねー。入島制限もあり島自体が天然記念物なのですが、ウミガメには関係ありません。そして産卵がある浜には調査に行きます!

南島と言えば、ヒロベソカタマイマイの半化石がなんとも不思議な景観を演出しています。

IMGP6376

天候はあいにくの曇模様でしたが、それでもきれいでしたね。

ウミガメの放流体験は、一時受付終了となりました!

「残りあと10頭です!」ということをアップしてみたかったのですが、想像以上の盛況ぶりのため、受付終了の案内となってしまいました…。それはさておき、2015年生まれの子ガメ達が大きくなって、また小笠原に戻ってくる日を楽しみに待ちましょう。
環境保全プログラム『放流体験』にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

thanks

もちろん、放流体験をご予約いただいた方々は安心してください!ウミガメ達は元気に水槽を泳いでいますよー!
飼育頭数にゆとりができたら、あと数頭放流できるようになるかもしれませんので、ご予約されていない方はご案内をお待ちいただければと思います。