アオウミガメの甲羅干し

父島列島全体でアオウミガメの産卵が始まりました。
先日から父島列島にあるウミガメ産卵海岸約30ヵ所を週1ペースで巡回し、産卵調査を行なっています。

4月27日の調査では、小笠原ではあまり見られない「甲羅干し」を観察できました。

産卵に備えて体を温めているのでしょうか!?
衰弱しているわけではありませんよ。

2016年4月27日北初寝

2016年4月27日北初寝

今年は例年より多くのアオウミガメが目撃されています。

もしかたしたら、皆さんも甲羅干しをしているアオウミガメに出会うことがあるかもしれません。
そのときは、あまり近づかず、そっとしておいてあげてください。。

大村海岸初上陸&産卵!

今朝の大村海岸にあった足跡です。どちらがウミガメの足跡か分かりますか??

IMGP6477IMGP6476

 

 

 

 


正解は左がウミガメの足跡です!
ウミガメの足跡はよくキャタピラの跡に例えられますが、今日の大村海岸では本物のキャタピラ跡とカメの上陸跡を
ちょうど隣どうしに見ることができました。この足跡のカメは穴を2回掘った跡、産卵せずに海に帰ったようですが、自衛隊前の砂浜では2つの産卵巣を確認しました。今日大村海岸で確認した上陸跡は合計7頭分だったので、もしかすると今日の夜にもまた上陸・産卵が見られるかもしれません。

GWに来島される観光客のみなさま、夜に海岸を歩けばウミガメの産卵が見られるかもしれないですよ!

IMGP6475

 

 

 

 

 

 

本日の調査は南島!

小笠原に来る方に大変人気の島ですねー。入島制限もあり島自体が天然記念物なのですが、ウミガメには関係ありません。そして産卵がある浜には調査に行きます!

南島と言えば、ヒロベソカタマイマイの半化石がなんとも不思議な景観を演出しています。

IMGP6376

天候はあいにくの曇模様でしたが、それでもきれいでしたね。

アオウミガメ産卵始まりました!

本日、今シーズン初の産卵調査に行ってまいりました!あいにくの天気だったこともあり調査海岸全てを回ることは出来ませんでしたが、父島、兄島の主要海岸をボートで巡りました。3月下旬にはブタ海岸での上陸情報が入っていたので、もしかしたら早くもあらゆる海岸で産卵多数の可能性も・・・!と警戒していましたが、さすがにまだお祭り騒ぎではなかったので一安心でした。本日の調査結果はブタ海岸で2巣、焼場で1巣、初寝、洲崎で上陸跡確認となりました。ブタ海岸で確認された1巣は産卵から2週間以上経過しているものだったので、なんと早くも3月中に産卵があったということになりますね。次回はGW前に一度調査を行なう予定です。

IMGP6253 IMGP6249IMGP6252