海の中にもアオウミガメ

先日ご縁があって父島のダイビングショップ『ESCORT』さんで潜ってきました。
IMG_0430

色々な海岸で産卵が始まってるし、ビーチ近くでスタンバイしているウミガメもよく見るので、当たり前と言えば当たり前なのですが、海の中でもアオウミガメに出会えました。メスは産卵があるのでまだしばらくは見られると思っていたのですが、オスのアオウミガメにも出会えました(写真はメスですが…)。

交尾の時期も終盤にさしかかっているんですけどね~。
調査期間が長引くのでしょうかね~?
スタッフ一同頑張りましょうね~…

でもウミガメが増えてくれるのはいいことです!(交尾期間の長さと個体数の増減が関係するかはわかりませんが)
島民の皆さんはウミガメの上陸・産卵の見学方法や注意点はご存知かと思いますが、観光でいらっしゃる方や、見学方法や注意点が分からないという方は、是非一度海洋センターにお越しくださいね!色々お教えしますよ🎵

波打ち際に黒くて動く物体が・・・。

とある父島列島の海岸でウミガメ産卵調査をしていると、波打ち際に黒くて動く多数の物体を発見しました。
私の記憶では、その場所に海面にでる岩などはありません。

いったい何なんだ?

よく観察してみると、それは波に翻弄されているウミガメたちでした。

それらを数えてみると、びっくり!!
10頭以上いるじゃないですか。。

写真をクリックして、拡大してご覧ください!

とある海岸のウミガメたち

とある海岸のウミガメたち

さて、みなさんは何頭見つけられましたか?

ちなみに、私にも正解はわかりません。

今シーズン初移殖!

先日、父島列島全体で産卵が始まったことをお伝えしましたが、今シーズン初の大村海岸で産卵された卵が海洋センターのふ化場へ移植されました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ2巣なのでだだっ広く見えますが、あと2ヶ月程で所狭しとプレートが刺さっている光景に変わる事でしょう…。
※大村海岸から卵を移殖する理由については、『大村海岸における卵の移殖と、人工ふ化放流』をご覧ください。

そしてウミガメマニアの方々、ウミガメについてまったく知らない方々、お待たせしました!
大村移殖スタートに伴い、6月中旬より『ウミガメ教室3時間コース』の受付を開始いたします!

インドネシア調査

2週間のインドネシア調査から帰ってきました。
200巣近くのふ化率調査もできて、収穫の多い調査でしたが、、、

イリエワニとニアミスしました!! 足跡から想定するに3m級だそうです!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イリエワニの足跡

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 


数日前にも近くの川で人がワニに食べられたというニュースを耳にしていたので、夜間調査ではオサガメ以上にワニは居ないかドキドキしてしまいました。