「ポッキリ」ってな~に?

盆栽の、枝をポッキリ、怒られる。

テスト中、シャー芯ポッキリ、あと空欄。

シャチョサン、3,000エンダヨ、ポッキリネ。


…どーした「ポッキリ」?なんだか悲しみと不安しか感じないぞ。五七五の無常さのせいか?

いやいや、ここはひとつ「ポッキリ」向上委員会を設立しようじゃないか!(ウソです)

実は海洋センターではここ数年、年末年始でお土産の福袋を行なっておりました。
もちろん中身はお買い得な内容。出血大サービスってやつです。もー輸血が必要なやつです。
中身はなんでしょう?のパターンも、選択肢の中から好きなセットを入れるパターンもやりました。

今年はどんな福袋がいいかなぁ~?

飽くなき探求心、その真髄。

いやぁー前回は前置きに注力しすぎました。反省。

本当に言いたかったことは、小笠原から放流したアオウミガメが、内地で見つかったんです!
しかも秋田県の男鹿半島で!まさかの日本海です。
前例がないわけではないのですが、行く子はとことん行くんですね。
正直、日本海の方が気持ち寒くない?

きっと内地の沿岸に辿り着いた子ガメは、
「この道(本州の沿岸)はどこまで続き、どこへと繋がっているのだろう…」的な?探求心のような?
こっ恥ずかしくもうらやましい、若気の至り的な感情で、ひたすら泳いで行ったのかなと思ったり、思わなかったり。
(これを書いている今が、すごーく恥ずかしい34歳です)

とにもかくにも、詳細をご報告します。