撮影ど根性

カメラ撮影って難しいですよね。
スケール感や色味を如何にして切り撮るか。

なかなか思い通りの写真を撮れたためしがありません。

今見てるこの景色、こんなんじゃないのよ。もっとド迫力なのよ。
っていつも感じてしまいます。

そこで自分は、瞼に脳裏に心に焼き付けようと思ってしまう訳です。
諦めの一手です。早々に。

やっぱり「プロカメラマン」という職業があるんですもの。
素人の趣味に毛が生えたくらいでは、到底太刀打ちできないわけです。

それでも、諦めずに写真を撮り続けた人にのみ撮れるものがあるのでは?
先日、そう思えた瞬間を切り撮ることには成功しました。

今年の『夜間子ガメの放流会』終了!

「え~!うそーん」という声が、今便のおが丸から聞こえてきそうです。
こればっかりは、自然の理(稚ガメの都合?)なのでご容赦ください。

本年度、小笠原海洋センターへ移植したすべての卵がふ化し、海へと帰っていきました。
それに伴い、『夜間子ガメの放流会』も終了となります。