【調査内容】
産卵母ガメへの標識装着と、ウミガメを見に来た観光客対応を主な目的として、毎年産卵シーズン中に大村海岸にて夜間パトロールを実施しています。ウミガメに標識を取り付けて放流することで、そのウミガメが再捕獲された場合、その回遊経路や回遊範囲、また索餌海域などを知ることができます。調査の際は、甲羅の計測や外見的特徴の確認なども行ない、個体情報を記録します。また、産卵があった場合は、巣の計測や観光客に向けての解説も行ないます。

ph_measurement

甲長を記録する

ph_research_tagging

固体識別するためにタグを付ける

ph_plastictag

タグ

どんなことが分かったの?

標識放流調査を続けることで、小笠原の母ガメは1シーズン中に約2週間間隔で4~5回ほど産卵することと、およそ3~4年おきに小笠原に産卵に訪れることが分かりました。そして初寝浦海岸で上陸を確認したウミガメが、2週間後に索餌海域である宮崎県沖で再捕獲されたことから、1日平均80kmの距離を泳ぐことがわかりました。