小笠原海洋センターは、アオウミガメをはじめとする小笠原の生物の保護に尽力するため(財)東京都海洋環境保全協会により1982年4月に開設しました。以来、特にアオウミガメやザトウクジラなどの海洋生物の生態を研究、解明し、それぞれの結果は世界的な評価も得ています。 2001年3月に運営母体である(財)東京都海洋環境保全協会が解散したことに伴い、施設や資料などの財産は小笠原村に譲渡されましたが、センター事業の運営と施設管理に関しては、NPO法人日本ウミガメ協議会が2001年4月から2006年3月まで行ない、2006年4月からはNPO法人エバーラスティング・ネイチャーが実施し、現在に至っています。2002年には、20年間潮風にさらされた外部壁もきれいにお色直しをしていただき、展示館もさらに充実しました。
調査研究業務、展示館業務、教育啓蒙活動、館内整備など、業務内容は多岐にわたり、島内の関係機関や島民の皆様にご理解・ご支援をいただきながら、30余年が過ぎようとしています。また、ボランティアの育成や実習生・研修生の受入れにも積極的に取り組み、現在その数は500名を越えます。 今も昔も変わらない美しい製氷海岸を目の前に、地元では、「カメセンター」の愛称で親しまれ、情報の発信、教育・交流の場として島内外の皆様に広く利用されています。

小笠原海洋センター開館当初

小笠原海洋センター開館当初

小笠原海洋センター現在

小笠原海洋センター現在