『島民の、島民による、島民のためのボランティア』に参加しませんか?

海洋センターでは、大きく分けて2種類の業務があります。『ウミガメの飼育』と『天然浜の調査』です。
その業務補助として、ボランティアの方を募集しています。休日の一部を使って、ウミガメと触れ合ってみませんか?
午前だけ・午後だけでもOKですし、月に1回の参加、友達との参加、飼育だけの参加などでもOKです!
前日までのご連絡さえあれば、ご自身のスケジュールに合わせてサクッと参加できます。

【ウミガメの飼育】
かわいいウミガメはもちろん生き物なので、飼育している海洋センターでは年中無休でお世話をしています。ウミガメだってお腹も減るし、水槽も汚れます。まめに甲羅も磨いてあげないと病気になってしまいます。その他にも何かとお世話は大変ですが、それ以上にかわいいウミガメ達のお世話を一緒にしてみませんか?大きなカメから子ガメまで、たくさんのウミガメ達と触れ合えますよ。
〈ボランティア業務内容 〉
給餌や水槽掃除、甲羅磨きが主な業務で、
タイミングによっては放流するカメのタグ付けや、ウミガメの卵の移植もできます。

【天然浜の調査】
我々は飼育以外にも、絶滅危惧種であり、小笠原の重要な観光・水産資源でもあるアオウミガメの保全のため、小笠原諸島に産卵のため来遊しにくるアオウミガメのモニタリング調査も行なっています。なので父島だけでなく、母島・聟島なども調査で向かいます。まず普段の生活やツアーなどでは行かないような浜にも同行できるので、島好き・海好きにはオススメです。
〈ボランティア業務内容 〉
産卵巣数調査
: 各浜の産卵巣数と上陸数を調査します。
ふ化後調査 : 確認した産卵巣から稚ガメが脱出した後、ふ化殻をすべて掘り出してふ化状況を調べます。
大村海岸保全調査 : 産卵シーズンは、昼間の産卵巣数調査とふ化後調査と、夜間のパトロールがあります。

人とウミガメとの距離が近い小笠原。せっかくこれだけ素晴らしい環境で暮らしているのだから、是非一度は参加してみてください!
ウミガメについても詳しくなれるし、ウミガメの見方もきっと変わると思います。

最後に、ボランティアですがあくまでも業務としてご参加いただきます。ちょっと見てみたいなどでしたら、普通にご来館ください。
また、ご参加中は小笠原海洋センターの一員となりますので、みなさまの安全のためにもセンタースタッフの指示を仰ぎ、
協調性のある行動
をお願い致します。その上で、我々がしっかり丁寧にお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL:04998-2-2830 Mail:info@bonin-ocean.net