ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

みなさんウミガメが何を食べてるかご存知ですか?オスとメスの見分け方は?世界に何種類いるの?亀は万年とか、産卵の時に泣くって本当?
あなたの知らない驚きの生態を、実物のウミガメを見て触って、たくさん知ってください!ウミガメ教室が終わるころには、最初よりもウミガメが可愛く見えますよ。

Read More

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

海洋センターでは元気いっぱいのアオウミガメを、たくさん飼育しています。甲羅磨きや計測・タグ付け体験をして、海洋センター前のきれいなビーチから送り出してあげませんか?砂浜をよちよちと歩く子ガメは、とっても可愛らしいですよ。放流した証として「放流記念カード」がもらえ、再発見情報もお知らせします。

Read More

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメの調査・保全活動は、まだまだ人手が足りません。是非ボランティアにご参加ください。参加は難しいけど支援なら...という場合、寄付金も受け付けています。例えば約5,000円で1頭の子ガメを放流できる大きさになるまで海洋センターで育てられます。
みなさんのご協力お願い致します!

Read More

ロボ投入@海洋センター

みなさまに新たな戦力のご紹介をいたします。
所長代行のメカ月くんです。

絶滅危惧種のウミガメを憂いてるようにも見えますし、
今日の晩御飯は何にしようかなーって考えているようにも見えますね。

ハイビスカスの赤が驚くほど映える色白さですが、
スペックとしては、約50~60cmある産卵巣ひとつを10秒で掘り、
卵100個を1分半で採卵できる正確無比かつスピーディーな調査能力で、
産卵巣番号・位置・産卵日・卵数・ふ化率を即クラウド上にアップできる通信能力付き。
さらに!オプションで超豪華調査弁当を日替わりでお届けしてくれるサービス付きなんです。

スタッフ)…もう所長…いらないんじゃない?(ざわざわ…)
メカ月くんの量産体制を今すぐにでも!

かぁちゃんと一緒 第1話

ご飯を食べてくれないという、母島で保護されたタイマイのかぁちゃん。
まずは写真でご覧ください。

どうしたの?ってくらいガリガリです。

タイマイはアオウミガメと比べ、痩せて見える個体が多いのですが、
それにしてもガリガリです。縦甲長約30cmで体重は約2kgでした。

あなたはひつじ派?うろこ派?

今日は不思議できれいな空だったので、パチリ。

お~。空一面にひつじ雲が広がっていました。

なんとなく「ひつじ雲」と「うろこ雲」は同じだと思っていたので、
ひつじの方がかわいいかな。くらいでメーメー言っておりました。えぇ。

みなさんは知ってました?…違う雲だということを。
(学がないのがバレる…?)