光害とは、人工的な明かりにより環境や動物にもたらされる悪影響のことです

赤ちゃんガメは明るい方へ向かう性質があります。
父島の大村海岸は街に隣接しているため、
大村海岸で生まれたカメたちは街の明るさに導かれ迷走してしまうことがありました。

そのような事例を防ぐために、
小笠原海洋センターでは、大村海岸の産卵巣を海洋センターにのふ化場まで移動して埋めなおしふ化させた後、
光の影響が少ない海岸から夜間に放流する人工ふ化放流という活動を行っています。

また、ウミガメの性別はふ卵時のある一定期間の卵の平均温度で決まるため、
人為的な影響が最小限になるように卵の移動は性別の決定後に行っています。