夜間に砂から脱出した稚ガメは、明るい方へ向かう習性があります。人工の明かりのない自然の海岸では、通常山側よりも海側が明るくなるので、稚ガメは迷わず海に帰ることができます。しかし、街に一番近い大村海岸で脱出した稚ガメは、海よりも街の明かりに誘引されて、街の方に歩いて行ってしまいます。これを「光害」といいます。
光害を避けるため、大村海岸と海洋センター内の産卵所に産卵された卵はすべて、雌雄の決定後に海洋センターのふ化場に移殖してふ化させています。

センター施設内のふ化場

センター施設内のふ化場

ふ化場で稚ガメが生まれたらどうなるの?

1.前日の夜に脱出のあった産卵巣を翌朝掘り返し、ふ化後調査を行ないます。
    脱出した稚ガメは頭数確認などを行ない、その日の夜に、宮の浜海岸かコペペ海岸にて放流します。
夜間子ガメの放流会または、子ガメ de Night!

2.ふ化場から生まれた稚ガメのうち、約150~200頭ほどを海洋センターの水槽で飼育します。
ヘッドスターティング

3.一定期間飼育後、ある程度大きくなったら標識を付けて放流します。
放流体験