ヘッドスターティングで飼育された子ガメは人間の管理下で飼育しているため、天然のものに比べて、より大きく育てることができます。このことは魚類や鳥類などの天敵から捕食される確立を低くすることができます。また、約1,000g以上に飼育されたカメに標識を付けて放流することは、いまだ謎の多い子ガメの生活史を知ること、また、そのカメたちが天然資源にどのような影響を及ぼすかを知る手がかりになります。小笠原でのアオウミガメのヘッドスターティングの歴史は古く、1910年(明治43年)に、世界に先駆け3ヶ月間のヘッドスターティングを1939年までの30年間行なっています。しかし、当時は生息数を回復するには至りませんでした。小笠原が日本に返還された後、1973年(昭和48年)から東京都小笠原水産センターによりこの事業は再開され、それから更に小笠原海洋センターに引き継がれ、現在では、年間150~200頭の子ガメの飼育、放流を行なっています。(飼育された子ガメたちは村のイベントや様々な環境教育プログラムとして放流しています)

ph_release_hs

サマーフェスティバルでの放流

例大祭での放流

 どんなことが分かったの?

放流した子ガメが、生息海域で再捕(海域に限らず、漁での混獲、保護、目視、撮影などによって再び確認されること)されています。その再捕率はおよそ3%であり、自然のふ化稚ガメの生存率0.2~0.3%に比べて高い(約10倍)ことがわかります。

放流日 放流地 再捕日 再捕地 備 考
2009/03/17 父島宮之浜 2011/09/19 高知県室戸岬 釣り上げ(生存)
 2008/03/18 父島大村海岸  2011/07/26 三重県鳥羽市  死亡漂着
 2010/01/01 父島大村海岸 2011/07/11 宮崎県宮崎市 死亡漂着
2009/03/11 父島大村海岸 2011/04/12 鹿児島県永良部島 海中目視(生存)
 2009/03/21  父島大村海岸 2011/02/13 神奈川県横須賀市大楠 刺し網(死亡)
2006/03/13  父島大村海岸 2010/01/07 東京都八丈島八重根 釣り上げ(生存)
2006/05/31 父島宮之浜 2009/05/24 和歌山県御坊市野島海岸  死亡漂着
2000/01/01  父島大村海岸  2008/07/21 長崎県対馬市美津島町  定置網(生存)
2002/01/01  父島大村海岸 2007/06/11 福井美浜町早瀬甲ヶ崎  定置網(生存)
2005/02/09 父島宮之浜 2006/12/06 屋久島上屋久町吉田 定置網(死亡)