【調査内容】
父島列島では約30カ所ある調査海岸を定期的(1~2週間に一度)にすべて回り、各浜の産卵巣数と上陸数を調査します。産卵巣跡を見つけたら「鉄筋」で周りを突き、卵室独特の砂の感触を探します。場所の当たりがついたら実際に掘り、卵を確認して再び埋め戻します。そしてその場所に棒を3本立て、メジャーで位置を計測し、記録します。母島列島・聟島列島ではシーズン中2~3回調査キャンプを実施し、同様の調査を行なっています。

足跡を数える

足跡を数える

鉄筋で産卵巣の位置を探す

卵を確認する

産卵巣の位置を計測

 

 

 

 

 


どんなことが分かったの?
父島列島で産卵するアオウミガメは、あちこちの浜に分散して上陸するという特徴がありますが、上陸ばかりで産卵しない浜も多く、産卵海岸は偏っています。アオウミガメの好む浜は、砂質が良く、奥行きがある浜が多いです。また、産卵巣数の推移をグラフで見てみると、その数は減ったり増えたりを繰り返しながらも、増加傾向にあることがわかります。2001年は約450巣、2005年は約1,200巣、そして2013年は海洋センターで調査を開始して以来最高の、1,949巣となりました。