ウミガメレスキュー日記

どうも、アオ(ウミガメ)レンジャーです。

本日、島民の方から連絡を受け、
子ガメが網に絡まって打ち上げられてるとのことで現場へ急行しました。

現場は父島の赤灯台。
子供たちが心配そうに見守ってるので、教えてくれてありがとねーと近づいてみたら、

まぁー見事に絡まってました。

しかも、この写真だとわかりずらいかもしれませんが、タイマイの子ガメです。

特に外傷はなく、衰弱してる感じではなかったのですが、結構痩せていました。
こういうことになるので、1日でも早く海洋ごみのない世の中になってほしいものです。

この場ではどうにもできないくらい絡まっていたので、このまま海洋センターへ搬送。
ハサミで網を切って外してから、ひとまず入槽させました。

弱っているのか、何事にも動じない子なのか、現時点では判別できませんが、
水槽に入っても慌てる様子もなく、ゆっくりと泳いでいました。
絡まった網から解放されて、ほっと一息ついてるだけだといいのですが。

保護された野生環境下のウミガメは、ペレット(飼料)をエサだと認識していないので、
しばらく食べないことが多いのですが、痩せていただけあって空腹だったのでしょう。
エサを何個か浮かばせていたら、5分ほどで食べていました。

鱗板も少し剥がれそうになっていたり、しばらく網に入っていたためか苔が生えているので、
きれいにして少し様子を見つつ、元気になったら海へ返そうと思います。

つづく