その時感じたこと

ホーム/その時感じたこと

【重要】小笠原村緊急事態宣言下の海洋センター開館状況について

2021-08-17T10:36:48+09:00

8月16日に小笠原村より小笠原村緊急事態宣言が発表されました。 それに伴い、海洋センターは以下の通りとなります。   (展示館) 8月18日~9月6日 休館 (水槽見学) 8月18日~23日 見学およびエサやりのみ可能 8月24日~9月6日 閉鎖 ※見学もできません (各種プログラム) 8月18日~9月6日まで 全て中止   ご予約いただいているお客様には順次ご連絡させていただいておりますが 何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【重要】小笠原村緊急事態宣言下の海洋センター開館状況について2021-08-17T10:36:48+09:00

プログラム開催に関するお知らせ

2021-07-28T11:57:01+09:00

みなさんこんにちは。 小笠原は夏真っ盛りです☀ 赤ちゃんガメも続々と生まれています! プログラムの開催に関するお知らせです。 今年度のウミガメ教室3時間コースは9月12日までの開催となりました。 ウミガメの卵に触れられる機会をお見逃しなく!! それ以降はウミガメ教室2時間コースの開催となります。 プログラム開催状況は下記の通りとなります。 ※8月は予約多数のため、新規予約を締め切らせていただいておりますが  予約が受けられる日もございますのでinfo@bonin-ocean.netまで予約希望の日と人数をご連絡ください。 【ウミガメ教室3時間コース】 ~9/12まで 【ウミガメ教室2時間コース】 9/16~9/28 ※10月は準備期間としてお休みさせていただきます。11月以降順次再開致します。 【ウミガメ教室Lite】 予約なしで受けられるウミガメ教室の簡易版ですが 状況によってはその場で受けられない可能性もございます。 事前にお電話いただけますと助かります! 【ウミガメ教室deNight!】 9月は開催中止となりました。 【夜間放流会】 9月以降も当日朝に脱出があれば開催 【子ガメdeNight!】 ※今年度開催中止 プログラム予約に関して不明点ございましたらお気軽にinfo@bonin-ocean.netまでお問い合わせください。 3日以上たっても返信がない場合はお手数ですが一度小笠原海洋センター(04998-2-2830)までお電話くださいませ。 まだまだ新型コロナウイルスの感染が収まりませんが 感染症対策をした上で皆様のご来館をお待ちしております!

プログラム開催に関するお知らせ2021-07-28T11:57:01+09:00

海洋センターの営業について (4月26日ー5月30日)

2021-08-25T16:06:50+09:00

みなさまこんにちは。 4月26日-5月30日の対応についてご連絡いたします。 東京都での緊急事態宣言を受け、小笠原海洋センター内の展示館を閉館いたします。 また、期間中のプログラムも全て中止させて頂きます。 もうすでにプログラムの予約があるお客様には直接ご連絡させていただきます。 何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。 外の水槽エリアは小笠原丸入港中の午前9時から午後の16時まで見学可能となります。 5月30日以降の対応につきましては、状況をみたうえでの判断となりますので、こちらはまた決まり次第、通知させていただきます。 海洋センターでお会いできる日を、スタッフ及びカメ一同、お待ちしております。 追記:おがさわら丸出港中となる5月31日(月)~6月2日(水)は定休日であるため、6月3日(木)より開館いたします。

海洋センターの営業について (4月26日ー5月30日)2021-08-25T16:06:50+09:00

早すぎるよ・・・

2020-04-06T17:35:46+09:00

みなさまこんにちは! 例年よりも暖かかった冬が終わり、小笠原では気温が徐々に上がってきています。 繁殖のために小笠原に戻ってきたアオウミガメの姿が海岸からもちらほらと見えるようになりました。 ここから、お母さんガメの産卵が大体4月後半ごろから始まるかな~と思っていたある日・・・ 「産卵跡がいくつもあったよ!!」 ・・・。 なにー!!! 島のガイドさんからの目撃情報に衝撃を受けたスタッフ一同。 早い、早すぎるよ・・・カメさん・・・。 と、言うことで、行ってまいりました、産卵跡の目撃情報のあった巽(たつみ)東海岸へ。 ちなみに巽東海岸は、父島の南東部にある巽湾の中にある海岸の一つです。 上陸してみると、お母さんガメが産卵行動を取った形跡がいくつもありました。 かくして、2020年度産卵調査がスタートしたのであった・・・。 結果・・・。 産卵1件を確認! ウミガメの卵は産み落とされた直後は薄いピンクがかった色をしており、そこから2週間程かけて徐々に白くなっていきます(卵の白色化、と言います)。 そして今回見つけた卵ですが、どうやら白色化がすでに進んでおり、産卵から2週間以上経過している可能性が示唆されました。 そうすると産卵したのは3月中?! ・・・いくらなんでも早すぎるよ・・・カメさん・・・。 他にも父島の小港海岸や南島でも産卵跡の目撃情報がありました。 我々の調査から、小笠原のアオウミガメはおよそ3~4年おきに産卵にすることがわかっています。 そして4年前の2016年はここ数年で一番産卵が多かった年。 2020年、一体いくつの産卵が行なわれるのか(=一体いくつの産卵巣を我々は探さなくてはいけないのか)。 カメのみぞ知る・・・。 調査、頑張ります!

早すぎるよ・・・2020-04-06T17:35:46+09:00

小笠原海洋センター臨時閉館のお知らせ(続報)

2020-03-27T16:52:53+09:00

小笠原海洋センターの営業について続報です。   小笠原海洋センターは4月12日(日)まで展示館を閉館致します。 その間のプログラムも全て中止させて頂きます。 何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。   屋外の飼育エリアは引き続き9:00~17:00にて解放しております。 ウミガメをご覧になったり、エサをやったりすることが出来ますので、皆さまのお越しをウミガメ及びスタッフ一同、心よりお待ちしております。   なお、4月13日以降の営業につきましては、再度通知致します。

小笠原海洋センター臨時閉館のお知らせ(続報)2020-03-27T16:52:53+09:00