ロボ投入@海洋センター

みなさまに新たな戦力のご紹介をいたします。
所長代行のメカ月くんです。

絶滅危惧種のウミガメを憂いてるようにも見えますし、
今日の晩御飯は何にしようかなーって考えているようにも見えますね。

ハイビスカスの赤が驚くほど映える色白さですが、
スペックとしては、約50~60cmある産卵巣ひとつを10秒で掘り、
卵100個を1分半で採卵できる正確無比かつスピーディーな調査能力で、
産卵巣番号・位置・産卵日・卵数・ふ化率を即クラウド上にアップできる通信能力付き。
さらに!オプションで超豪華調査弁当を日替わりでお届けしてくれるサービス付きなんです。

スタッフ)…もう所長…いらないんじゃない?(ざわざわ…)
メカ月くんの量産体制を今すぐにでも!

あなたはひつじ派?うろこ派?

今日は不思議できれいな空だったので、パチリ。

お~。空一面にひつじ雲が広がっていました。

なんとなく「ひつじ雲」と「うろこ雲」は同じだと思っていたので、
ひつじの方がかわいいかな。くらいでメーメー言っておりました。えぇ。

みなさんは知ってました?…違う雲だということを。
(学がないのがバレる…?)

百戦錬磨

多くの戦いで鍛えられること。多くの経験を積んでいること。 by Wiki先生

一言では表せないほどの修羅場をくぐり抜けて、初めて得られる境地があります。きっと。

でも、100戦って…多いの?

いやいや。命懸けの真剣勝負(お侍さん的な)なら相当な経験です。
文字通り真剣で100戦するには、勝ち続けないと死んじゃいますから。

ただ、バッティングセンターで100球打ってもメジャーリーガーにはなれませんよね。当然。
物事によっても「百戦」の在り方は様々です。

さて。今回ご紹介するのは、センタースタッフの『調査道具と経験値』についてです。
まずは1枚の写真をご覧ください。