ルールやマナーの先にあるもの

みなさんは釣りをされますか?

筆者は数年に1回とか、ほぼ「釣りはやりません」と言った方が正解な頻度でやります。
楽しいですよね。釣れた方が間違いなく楽しいのですが、釣れなくても楽しいのは何故でしょう?

そんな素敵な釣りにも、もちろんルールやマナーがあります。
初歩的なものでは、ゴミは持ち帰る。もはや何をするにも当たり前ですね。
個人的に好きなのは、少し混んでる時に釣り人の間に入る際に、
一言「お邪魔します」的な声を掛けるやつですね。
言ってほっこり、言われてほっこり。なんか好きです。

撮影ど根性

カメラ撮影って難しいですよね。
スケール感や色味を如何にして切り撮るか。

なかなか思い通りの写真を撮れたためしがありません。

今見てるこの景色、こんなんじゃないのよ。もっとド迫力なのよ。
っていつも感じてしまいます。

そこで自分は、瞼に脳裏に心に焼き付けようと思ってしまう訳です。
諦めの一手です。早々に。

やっぱり「プロカメラマン」という職業があるんですもの。
素人の趣味に毛が生えたくらいでは、到底太刀打ちできないわけです。

それでも、諦めずに写真を撮り続けた人にのみ撮れるものがあるのでは?
先日、そう思えた瞬間を切り撮ることには成功しました。