未来のウミガメ博士、その第一歩

小笠原海洋センターで行なっているウミガメ教室には、老若男女さまざまな方が参加します。

みなさんが、小笠原のアオウミガメというフィルターを通して、
保全だったり生物多様性だったり、絶滅危惧に瀕しているウミガメのこと。
海洋環境の未来や、今ある自然の大切さ。
何かしらを感じ取ってもらい、「ウミガメ教室楽しかった!」と言ってもらえるような、
思い出と共に『心に残る』レクチャーを心掛けています。

そんなウミガメ教室では、特に夏休みシーズンの小さな子たちが、
一生懸命にメモを取りながら、レクチャーを聞いてくれる姿をよく見ます。
スライドを送る手も、いつもより気持ちゆっくりにしたくなります。
照れながら質問している姿もかわいらしいです。

そんな子からたまに、夏休みの自由研究の成果がセンターへ送られてくるので、
今日はその素晴らしい研究発表を、みなさんにもお届けできたらと思います。

すごくないですか?説明もすごく丁寧で、絵も本当に上手です。
自分が小学校1年生の時なんて、新幹線とクリボーの絵ばかり描いてましたよ。

私の見立てでは、卵もちゃんと100個書いてある気がします。
ウミガメの鱗板も特徴をとらえてますし、産卵巣から海へ帰っていく構図も素晴らしいです。
個人的には、小笠原のきれいな海がちゃんとグラデーションになっているところが100点満点です。

「カメセンター楽しかったね」だけでもうれしいのですが、
こうやって子どもたちが、ウミガメを見て・触って・学んで、
それらを自分でまとめて、発表してくれるということは、本当にうれしく思います。

それでは最後に、てつしくん。ウミガメは大好きになったかな?
今回ウミガメ教室で学んだことは、実はウミガメの生態の基礎の部分です。
まだまだ解明されていないことも多いし、もっと専門的な情報や研究もたくさんあります。
アオウミガメは小笠原が日本最大の繁殖地ですが、
内地や他の島ではアカウミガメの産卵を見られる場所もあるし、
世界に目を向ければ他のウミガメもいて、それらも解明されていないことが多いです。
もしこのままウミガメに興味を持ち続けていたら、将来海洋センターで一緒に働けるかも?

今回のウミガメ教室で持った好奇心を忘れずに、
何事にも「どうしてだろう?なぜだろう?」という興味を持ち、
インターネットや人の話で「知っていること」ではなく、
自分で見て聞いて触れて「判ったこと」をひとつでも多くできるよう、
勉強も遊びも全力で楽しんでください。

そしてたまにでいいので、そんな経験を小笠原海洋センターのスタッフに教えに帰ってきてください。
スタッフ・ウミガメ一同、てつしくんとまた会える日を楽しみにしています。

…少しややこしいメッセージになってしまいましたね。
お母さま、いい具合にかみ砕いてお伝えいただければと思います。

それでは本当に最後の最後として、
自分の心に残っている恩師の言葉をみなさまにお裾分けして、
駄文の締めとさせていただきます。

『いっぱい遊んで、いっぱい遊べ!』