なんか神々しい

海洋センターでは現在、約150頭のアオウミガメのこども達が所狭しと水槽を泳いでいます。

元気に泳げばお腹も減ります。ご飯を食べたらうんちもします。
ほったらかしにしたら、水槽もカメたちも汚れちゃいます。
なので、こまめに水槽掃除や甲羅磨きをしてあげます。

ただ、先日はその考えを覆すような1頭の子ガメが降臨しました。
(いや、もとから水槽にはいたんですが…)

甲羅を磨いてあげようと水槽から取り出したら、このポーズで微動だにしないんです。

命名『たまちゃん』

先日レスキューしたタイマイの子ガメの名前が「たまちゃん」になりました。

見つけてくれた子供たちが名付け親。
猫でもないし多摩川でもないのにこの名前。こどもの奇抜な発想には脱帽です。

だいぶ照れ屋さんなのか、狭いところが好きなのか、
水槽を覗くと1/2くらいの確率で排水溝に頭を突っ込んでます。