ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

みなさんウミガメが何を食べてるかご存知ですか?オスとメスの見分け方は?世界に何種類いるの?亀は万年とか、産卵の時に泣くって本当?
あなたの知らない驚きの生態を、実物のウミガメを見て触って、たくさん知ってください!ウミガメ教室が終わるころには、最初よりもウミガメが可愛く見えますよ。

Read More

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

海洋センターでは元気いっぱいのアオウミガメを、たくさん飼育しています。甲羅磨きや計測・タグ付け体験をして、海洋センター前のきれいなビーチから送り出してあげませんか?砂浜をよちよちと歩く子ガメは、とっても可愛らしいですよ。放流した証として「放流記念カード」がもらえ、再発見情報もお知らせします。

Read More

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメの調査・保全活動は、まだまだ人手が足りません。是非ボランティアにご参加ください。参加は難しいけど支援なら...という場合、寄付金も受け付けています。例えば約5,000円で1頭の子ガメを放流できる大きさになるまで海洋センターで育てられます。
みなさんのご協力お願い致します!

Read More

もう『お手上げ』です。

「いやぁ~まいった。もう降参です。」

そんな時、みなさんはどう表現するでしょうか?

恐らく万国共通で、両手を上げるのではないでしょうか?
映画やドラマでも、警察に取り囲まれたギャングや、その逆もしかり。
降参・降伏のジェスチャーは、”hands up”ではないでしょうか?

どうやらウミガメ界でも、同様であることが昨日判明しました。

自由を求めて

海洋センターではケガや病気のカメがいると、一時的に隔離するためカゴに入れています。

普段水槽で悠々と泳ぎ回っているのに、一時的とはいえ籠の鳥ならぬ、カゴのカメ。
そりゃ出たくもなります。自分なら脱走を企てますとも。えぇ。

先日、そんな企てを実行に移したカメを発見したので、ここに報告します。
最後の「やべぇ…バレた…」という感じが、人間の子どもみたいでかわいい。

動画を見る

こんなの、いかがでしょう?

今回は、世界で1点だけとなるアイテムをご紹介します。

その前に、先月から募集を開始した『ウミガメのパピーウォーカー』ですが、
去年よりも少しいい滑り出しで、すでに17頭のご参加が決まっています。
ご参加のみなさま、本当にありがとうございます。

元々、絶滅危惧種であるアオウミガメの個体数を増やすことを目的にスタートして、
さらに参加者に、約1年間ほど子ガメの成長を一緒に見守ってもらい、
ウミガメを身近に感じてもらえたらいいよねってプログラムなんです。

もちろん1回だけでも、ご参加していただけるだけで、
1頭をヘッドスターティングできるので、大変喜ばしいことなんです。

が、しかし…

【カメトピ④】型に囚われた運命

改めて、明けましておめでとうございます。
2018年もみなさんの知的好奇心を刺激するようなトピックを提供していきたいと思います。

新年を迎える前後に出てくるワードとして、「今年の運勢」というものがありますね。
手相とか生まれ年とかで人を占えるってすごいですよね。持って生まれた何かがあるのでしょう。
なんなら、星座とか血液型でも占えちゃってます。血の成せる業ってやつでしょうか。
世界総人口73億を突破したといわれる人類に対して、選択肢がまさかの血液型4択…。

アルバイト募集中!

小笠原海洋センター(ELNA小笠原事業所)では、短期or長期アルバイトを募集しています。
新年度から心機一転、世界自然遺産に認定されている小笠原村父島で、
我々と一緒にウミガメ調査保全のお仕事をしてみませんか?

▼仕事内容
天然浜ウミガメ調査、ウミガメ飼育業務、データ入力、 小笠原海洋センター管理運営業務ほか。
長期の場合、6月から8月の期間中は「夜間パトロール(夜勤)」をメインにお願いします。
もちろん、調査未経験の方でもOKです。しっかりお教えしますので、ご安心ください。
夜間パトロールについては、下記URLをご覧ください。
https://bonin-ocean.net/tagging

▼勤務地 
東京都小笠原村父島