ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

みなさんウミガメが何を食べてるかご存知ですか?オスとメスの見分け方は?世界に何種類いるの?亀は万年とか、産卵の時に泣くって本当?
あなたの知らない驚きの生態を、実物のウミガメを見て触って、たくさん知ってください!ウミガメ教室が終わるころには、最初よりもウミガメが可愛く見えますよ。

Read More

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

海洋センターでは元気いっぱいのアオウミガメを、たくさん飼育しています。甲羅磨きや計測・タグ付け体験をして、海洋センター前のきれいなビーチから送り出してあげませんか?砂浜をよちよちと歩く子ガメは、とっても可愛らしいですよ。放流した証として「放流記念カード」がもらえ、再発見情報もお知らせします。

Read More

ウミガメ保全・保護活動に参加/支援したい!

ウミガメ保全・保護活動に参加/支援したい!

ウミガメの調査・保全活動は、まだまだ人手が足りません。是非ボランティアにご参加ください。参加は難しいけど支援なら...という場合、寄付金も受け付けています。例えば約5,000円で1頭の子ガメを放流できる大きさになるまで海洋センターで育てられます。
みなさんのご協力お願い致します!

Read More

なんか神々しい

海洋センターでは現在、約150頭のアオウミガメのこども達が所狭しと水槽を泳いでいます。

元気に泳げばお腹も減ります。ご飯を食べたらうんちもします。
ほったらかしにしたら、水槽もカメたちも汚れちゃいます。
なので、こまめに水槽掃除や甲羅磨きをしてあげます。

ただ、先日はその考えを覆すような1頭の子ガメが降臨しました。
(いや、もとから水槽にはいたんですが…)

甲羅を磨いてあげようと水槽から取り出したら、このポーズで微動だにしないんです。

命名『たまちゃん』

先日レスキューしたタイマイの子ガメの名前が「たまちゃん」になりました。

見つけてくれた子供たちが名付け親。
猫でもないし多摩川でもないのにこの名前。こどもの奇抜な発想には脱帽です。

だいぶ照れ屋さんなのか、狭いところが好きなのか、
水槽を覗くと1/2くらいの確率で排水溝に頭を突っ込んでます。

短期アルバイト募集中!

小笠原海洋センター(ELNA小笠原事業所)では、短期アルバイトを募集しています。
世界自然遺産認定の小笠原村父島で、ウミガメ調査保全のお仕事をしてみませんか?

▼仕事内容
天然浜ウミガメ調査、ウミガメ飼育業務、データ入力、 小笠原海洋センター管理運営業務ほか

▼勤務地
東京都小笠原村父島

ウミガメレスキュー日記

どうも、アオ(ウミガメ)レンジャーです。

本日、島民の方から連絡を受け、
子ガメが網に絡まって打ち上げられてるとのことで現場へ急行しました。

現場は父島の赤灯台。
子供たちが心配そうに見守ってるので、教えてくれてありがとねーと近づいてみたら、

まぁー見事に絡まってました。