ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

みなさんウミガメが何を食べてるかご存知ですか?
オスとメスの見分け方は?世界に何種類いるの?
亀は万年とか、産卵の時に泣くって本当?
あなたの知らない驚きの生態を、実物のウミガメを見て触って、たくさん知ってください!ウミガメ教室が終わるころには、最初よりもウミガメが可愛く見えますよ。 

Read More

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

海洋センターでは元気いっぱいのアオウミガメを、たくさん飼育しています。お気に入りの子を見つけて、海洋センター前のきれいなビーチから送り出してあげませんか?砂浜をよちよちと歩く子ガメは、とっても可愛らしいですよ。あなたが放流した証として「放流記念カード」がもらえます。

Read More

ウミガメ保全・保護活動に参加/支援したい!

ウミガメ保全・保護活動に参加/支援したい!

ウミガメの調査・保全活動には、まだまだ人手が足りません。是非ボランティアにご参加ください。
参加は難しいけど支援なら...という場合、寄付金も受け付けています。例えば約5,000円で1頭の子ガメを放流できるまで海洋センターで育てられます。
みなさんのご協力お願い致します!

Read More

波打ち際に黒くて動く物体が・・・。

とある父島列島の海岸でウミガメ産卵調査をしていると、波打ち際に黒くて動く多数の物体を発見しました。
私の記憶では、その場所に海面にでる岩などはありません。

いったい何なんだ?

よく観察してみると、それは波に翻弄されているウミガメたちでした。

それらを数えてみると、びっくり!!
10頭以上いるじゃないですか。。

写真をクリックして、拡大してご覧ください!

とある海岸のウミガメたち

とある海岸のウミガメたち

さて、みなさんは何頭見つけられましたか?

ちなみに、私にも正解はわかりません。

今シーズン初移殖!

先日、父島列島全体で産卵が始まったことをお伝えしましたが、今シーズン初の大村海岸で産卵された卵が海洋センターのふ化場へ移植されました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ2巣なのでだだっ広く見えますが、あと2ヶ月程で所狭しとプレートが刺さっている光景に変わる事でしょう…。
※大村海岸から卵を移殖する理由については、『大村海岸における卵の移殖と、人工ふ化放流』をご覧ください。

そしてウミガメマニアの方々、ウミガメについてまったく知らない方々、お待たせしました!
大村移殖スタートに伴い、6月中旬より『ウミガメ教室3時間コース』の受付を開始いたします!

インドネシア調査

2週間のインドネシア調査から帰ってきました。
200巣近くのふ化率調査もできて、収穫の多い調査でしたが、、、

イリエワニとニアミスしました!! 足跡から想定するに3m級だそうです!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イリエワニの足跡

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 


数日前にも近くの川で人がワニに食べられたというニュースを耳にしていたので、夜間調査ではオサガメ以上にワニは居ないかドキドキしてしまいました。

アオウミガメの甲羅干し

父島列島全体でアオウミガメの産卵が始まりました。
先日から父島列島にあるウミガメ産卵海岸約30ヵ所を週1ペースで巡回し、産卵調査を行なっています。

4月27日の調査では、小笠原ではあまり見られない「甲羅干し」を観察できました。

産卵に備えて体を温めているのでしょうか!?
衰弱しているわけではありませんよ。

2016年4月27日北初寝

2016年4月27日北初寝

今年は例年より多くのアオウミガメが目撃されています。

もしかたしたら、皆さんも甲羅干しをしているアオウミガメに出会うことがあるかもしれません。
そのときは、あまり近づかず、そっとしておいてあげてください。。