Loading...
Home2020-02-17T16:42:25+09:00

Ogasawara Marine Center Blog

カメセンターブログ

「ウミガメのパピーウォーカー」になってみませんか?2019年度募集中!

By |5月 17th, 2019|

海洋センターで成長し、海に帰る子ウミガメ ウミガメのパピーウォーカーとは、小笠原に居なくても参加できる、ウミガメの放流プログラムです。今年の夏に小笠原諸島で生まれる子ガメを家族の一員に迎えてみませんか? 放流後には素敵な動画をプレゼント!タイミングが合えば、小笠原に来られた時にご自身で放流していただくことも可能です。 既に多数ご応募をいただいており(ありがとうございます!)、締め切りまで残りわずかとなっております。ご興味のある方は、ホームページをご覧ください↓ http://bonin-ocean.net/agency-released-program

ウミガメ教室【3時間コース】の予約受付開始!

By |5月 1st, 2019|

2019年度産卵シーズン開始に続き、皆さまお待ちかね(?!)、ウミガメ教室3時間コースの予約受付を開始致しました!!! 3時間コースは、通年開催している2時間コースにプラスして、本物のアオウミガメの卵に触れることができる期間限定のプログラムです!タイミングがよければ、生まれたての稚ガメにも触れることができるかも・・・!!!(稚ガメさんのご都合によります😅) 最初の3時間コースは6月18日(おがさわら丸出港日)から。詳細は以下のリンクをご覧ください!ご予約、お待ちしておりま~す! http://bonin-ocean.net/seaturtle-lecture-3h

初産卵を確認しました!

By |4月 27th, 2019|

昨日は母島の方へ調査へ行ってきました。母島の南にある平島の砂浜は毎年多くのアオウミガメが産卵する場所ですが、そこで今年初の産卵巣を確認しました! 平島の砂浜に産卵された卵たち スタッフの間でも、そろそろ始まるぞ・・・とここ最近会話していたので、ついに始まったー!という感じです。 そして新しい産卵シーズンがスタートした今、小笠原諸島にいらっしゃる皆様にお願いです。 もし砂浜で産卵しているウミガメを見かけても、触ったりせず、そっと見守ってあげてくださいね。また、街の中でウミガメを見かけた場合には、危ないので触らずに、小笠原海洋センターまでご連絡ください。連絡先は以下の通りです。事務所:04998-2-2830  携帯:090-1461-3171 よろしくお願い致します!

Ogasawara Marine Center

小笠原海洋センターは、アオウミガメをはじめとする小笠原の生物の保護に尽力するため(財)東京都海洋環境保全協会により1982年4月に開設しました。以来、特にアオウミガメやザトウクジラなどの海洋生物の生態の研究・解明に尽力し、それぞれの結果は世界的な評価も得ています。 2001年3月に運営母体である(財)東京都海洋環境保全協会が解散したことに伴い、施設や資料などの財産は小笠原村に譲渡されましたが、センター事業の運営と施設管理に関しては、NPO法人日本ウミガメ協議会が2001年4月から2006年3月まで行ない、2006年4月からはNPO法人エバーラスティング・ネイチャーが実施し、現在に至っています。2002年には、20年間潮風にさらされた外部壁が修繕され、展示館もさらに充実しました。

調査研究業務・展示館業務・教育啓蒙活動など業務内容は多岐にわたり、島内の関係機関や島民の皆様のご理解・ご支援をいただきながら、「カメセンター」の愛称で親しまれ、情報の発信、教育・交流の場として島内外の皆様に幅広く利用されています。