春です。

ざわつくボランティアたち。
海を指さし談笑している島民。

それもそのはず。

海洋センターの目の前にある製氷海岸で、ウミガメが交尾していました。
しかも、すんごい浅瀬で。波打ち際と言っても過言ではありません。

もはやストリートではありません。

みなさんも一度は、グーグルマップのストリートビューで自宅を見てみたり、
世界旅行(してる気分)をしたことがあると思います。

何気なくストリートビューで島内散策をしてみたら、ちょっとビックリ。
道だけでなく、ビーチも360°見渡せるんです!(知ってました?)

宮之浜や前浜も波打ち際を歩けます。
中央山の展望台や、南島にだって入れちゃうんです。

海洋センター内(水槽エリア)だって入れちゃうし、
スタッフもモザイクかかってるけど誰だかわかっちゃいます。笑
ウミガメ教室中ですねー。

ちょっと撮影している時期が古かったりするのですが、
それも含めて楽しくて、あっちこっちを見ていると、

小港海岸で人集りが…

なんか神々しい

海洋センターでは現在、約150頭のアオウミガメのこども達が所狭しと水槽を泳いでいます。

元気に泳げばお腹も減ります。ご飯を食べたらうんちもします。
ほったらかしにしたら、水槽もカメたちも汚れちゃいます。
なので、こまめに水槽掃除や甲羅磨きをしてあげます。

ただ、先日はその考えを覆すような1頭の子ガメが降臨しました。
(いや、もとから水槽にはいたんですが…)

甲羅を磨いてあげようと水槽から取り出したら、このポーズで微動だにしないんです。