ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

みなさんウミガメが何を食べてるかご存知ですか?オスとメスの見分け方は?世界に何種類いるの?亀は万年とか、産卵の時に泣くって本当?
あなたの知らない驚きの生態を、実物のウミガメを見て触って、たくさん知ってください!ウミガメ教室が終わるころには、最初よりもウミガメが可愛く見えますよ。

Read More

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

海洋センターでは元気いっぱいのアオウミガメを、たくさん飼育しています。甲羅磨きや計測・タグ付け体験をして、海洋センター前のきれいなビーチから送り出してあげませんか?砂浜をよちよちと歩く子ガメは、とっても可愛らしいですよ。放流した証として「放流記念カード」がもらえ、再発見情報もお知らせします。

Read More

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメの調査・保全活動は、まだまだ人手が足りません。是非ボランティアにご参加ください。参加は難しいけど支援なら...という場合、寄付金も受け付けています。例えば約5,000円で1頭の子ガメを放流できる大きさになるまで海洋センターで育てられます。
みなさんのご協力お願い致します!

Read More

産卵もふ化も絶好調!

そろそろ夏休みですね!(こどもは…)
実家に帰省する方。海外旅行に行く方。日々の疲れを解消すべく、グーダラ生活を楽しむ方。
新しくなったおがさわら丸で船旅を楽しんで、
透明度抜群のきれいな海や、天の川も見られる満点の星空を満喫して、
小笠原海洋センターでウミガメと沢山触れ合って、最高の思い出を作られる方。

みなさん色々な過ごし方があるかと思います。
(最後のが一番オススメです)

IMG_3392IMG_0430IMG_3657

ちなみに今年の小笠原には、たくさんのウミガメたちが帰省しているようです。
産卵もたくさん見られ、センターのふ化場も満室状態。
入れ代わり立ち代わり、すでに多くの稚ガメたちが海へと還っています。
自分が大家さんなら、出入りが激しすぎて顔も覚えられないくらいです。

『夜間子ガメの放流会』始まります!

今年もいよいよ開催です!!
大変お待たせしました。昨年度も大盛況だった【夜間子ガメの放流会】を本日7/10、下記の通り開催いたします。

20160710

集合場所 : コペペ海岸駐車場
受付開始時間 : 19:15
放流会開始時間 : 19:30(時間厳守でお願い致します)
終了時間 : 20:00
子ガメの頭数 : 約140頭

参加費 : 大人1,500円(中学生以上)、小人500円(小学生未満・島民は無料です)

今日砂の上に出てきたばかりの、生まれたてホヤホヤの子ガメと触れ合いながら、子ガメの生態についても学べます。そして、砂浜の上をよちよち歩いて、海へとかえっていく子ガメたちを一緒に見送りましょう。

事前のご予約は必要ございませんが現地集合、現地解散となります。尚、写真撮影と子ガメとの触れ合いは、駐車場で行ないますのでご協力お願い致します。有料参加者の方にはちょっとしたプレゼントも!?

今シーズンもこの時期がやってきました!

先日、大村海岸より移殖した卵からふ化した稚ガメが『脱出』しました!
※センターから『脱走』したという意味ではなく、砂の上に『出てきました』ということです。

それに伴い、海洋センターで今シーズン初の稚ガメを20頭入槽しましたよ~。

かわいい!それ以上の言葉はもはや不要です。

だって、こんなんですよ!

驚愕!すご~く大きな贈り物

驚愕の「愕」って字は、見ると簡単なのに書こうとすると出てこない。
そんな人の弱みに付け込むような、イヤな字です。(個人的に)
それは置いといて…

いや~本っ当に驚いた時って笑っちゃいますよね。
何故なんでしょう?

先日展示館にいらっしゃった漁師のKさん、一緒のお子さん(常連さん)はとってもウミガメ大好き。
終始「かめしゃん!」と連呼して大興奮。
見ているこちらは、思わず目尻が下がってしまいます。
可愛すぎるって、もはや罪です。

帰り際に、「子ガメのおやつ(魚の切り身)ってどうしてるの?」とKさん。
一定量の魚を確保し続けるのって意外と大変なんです。
実際に、確保できなかったために「子ガメのおやつ」を楽しみにいらっしゃったお客様に
残念な思いをさせてしまうこともしばしば…(すみません)

そんな話をしていたら、「じゃあ今度魚あげるよ」とKさん。
ちょっと食い気味に「あーざぁす!」と即答。(お恥ずかしい)

後日、電話をいただき「魚あげられるよ。おいでー」とKさん。
で、いただいた魚が…

「アルケロンⅢ」の活躍に、乞うご期待!

父島列島のウミガメ調査に必要不可欠な船「アルケロンⅢ」。
この船の船台についているタイヤが、昨年度の調査終了後にパンクしてしまいました。
タイヤを修理をしないことには、今シーズンは船を海に浮かべることが出来ません。

父島整備工場にタイヤを持っていったところ、ホイールの錆が酷いためパンク修理不能との宣告。 錆によってホイールサイズも読み取れないため何を買えばいいか分からず、そして購入品と購入費捻出にも頭を抱えていました。

このような状態で困っているということを、愛知県にある浅田塗装さまにご相談をさせていただいたところ、、タイヤ(ホイール付)をご提供いただけることになりました!
そして5月末に送付いただき、先日タイヤ交換を行ないました。

なんということでしょう!!
アルケロンⅢの船台のタイヤが、こんなにキレイになりました!

タイヤがピカピカ

タイヤがピカピカ

これからがウミガメ産卵最盛期で、近々ふ化も始まります。
今シーズンもウミガメ調査に「アルケロンⅢ」が大活躍します!

浅田塗装さま、誠にありがとうございました!!