ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

みなさんウミガメが何を食べてるかご存知ですか?オスとメスの見分け方は?世界に何種類いるの?亀は万年とか、産卵の時に泣くって本当?
あなたの知らない驚きの生態を、実物のウミガメを見て触って、たくさん知ってください!ウミガメ教室が終わるころには、最初よりもウミガメが可愛く見えますよ。

Read More

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

海洋センターでは元気いっぱいのアオウミガメを、たくさん飼育しています。甲羅磨きや計測・タグ付け体験をして、海洋センター前のきれいなビーチから送り出してあげませんか?砂浜をよちよちと歩く子ガメは、とっても可愛らしいですよ。放流した証として「放流記念カード」がもらえ、再発見情報もお知らせします。

Read More

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメの調査・保全活動は、まだまだ人手が足りません。是非ボランティアにご参加ください。参加は難しいけど支援なら...という場合、寄付金も受け付けています。例えば約5,000円で1頭の子ガメを放流できる大きさになるまで海洋センターで育てられます。
みなさんのご協力お願い致します!

Read More

たまちゃん日記 ~再会~

みなさんは覚えているだろうか?

今年の1月に保護され、なぜだかタコが大好物だった、タイマイのたまちゃんを。
小さくて薄っぺらかったけど、すごくかわいかったんです。
今年の5月に放流された時のことは、よく覚えています。⇒たまちゃん日記 ~THE LAST~

今頃どこの海を泳いでいるんだろう?
北へ行ったのだろうか、それとも南?
ともかく元気に育ってると良いな…

そんなことを想っていたら、タイトルの通りです。
再会しました。なんと…

第3世代の到来

小笠原海洋センターと東京海洋大学うみがめ研究会(以後かめ研)の共同開発により、
ついに画期的な発明がなされました。

まずはかめ研から、新進気鋭の研究開発者2名になります。

いい顔してますね~。出し切った感が滲み出てます。
そして、2人で持っているのが今回発表される新商品です。

ウミガメマニアに捧げます。

みなさんは信じられるだろうか。
世の中には『ウミガメマニア』なる者たちが存在することを…

ここ小笠原海洋センターでは、ウミガメを知ってもらうための保全プログラムが
大きく分けて3つあります。そう、『ウミガメ教室・放流体験・子ガメ de Night!』です。

なんとそれらすべてに参加する人たちがいるのです。
ウミガメとの出会いから1~2年掛けて制覇する人もいれば、
おが丸一航海で制覇する人もいるんです。
放っておいたら、1時間以上でもウミガメを見続けられるような猛者たちです。
もしかしたら、スタッフ以上にカメ愛に溢れちゃってます。

ただ、それらの保全プログラムすべてに参加しても『もっとおかわりしたい!』という、
スタッフ泣かせな人たちの欲求を満たすべく、まるで夢のようなカードを発行することとしました。
夢だけど、夢じゃない!みたいなやつです。