今年も「例のアレ」の受付開始します。

去年から始めた「例のアレ」です。アレ。

…なんでしょうねー。
年々「あれ」だの「あの」だのが増えてきます。困ったものです。
頭にいいアレでも食べておきますか。…アレ。…ね。

記憶力の低下はさておき…

今年も『ウミガメのパピーウォーカー』の受付を開始します!

こんな小さな稚ガメの成長を…

大きく立派に育てて、海に帰すこのくらいまで…

我々と一緒に見守ってみませんか?

去年は最終的に48頭分ものご参加がありました。本当にありがとうございます。
ちなみに、2017年ご参加分の放流は3月を予定しています。楽しみですね。

どのようなプログラムかを要約すると、
小笠原に行けない方々にもご参加いただける保全プログラムです。

アオウミガメをセンター内の水槽に入槽してから放流するサイズに育つまで、
毎月写真とコメントをお送りしますので、一緒に子ガメの成長を見守れます。
放流する際には、動画を撮って放流記念カードもお届けします。
ウミガメに命名もでき、再発見されると放流者の方へご報告がいくんです。
自分で言うのもなんですが、結構ロマン溢れるプログラムなんです。

ただ、2017年に参加された方の中には、
「やっぱり自分の手で放流したい!」という方もいらっしゃったので、
そんなカスタムリクエストも受け付けちゃいます。是非一度お気軽にお問い合わせください。

共感はできるけど、参加はちょっと難しい…という方も、
是非このプログラムを友人に教えてあげたり、SNSなどで拡散していただければと思います。
その気持ちが巡り巡って、保全に繋がると信じています。

詳細は、下記URLをご覧ください。
https://bonin-ocean.net/agency-released-program