ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

ウミガメ教室で、見て・触って・学ぼう!

みなさんウミガメが何を食べてるかご存知ですか?オスとメスの見分け方は?世界に何種類いるの?亀は万年とか、産卵の時に泣くって本当?
あなたの知らない驚きの生態を、実物のウミガメを見て触って、たくさん知ってください!ウミガメ教室が終わるころには、最初よりもウミガメが可愛く見えますよ。

Read More

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

子ガメをあなたの手で海へ帰しませんか?

海洋センターでは元気いっぱいのアオウミガメを、たくさん飼育しています。甲羅磨きや計測・タグ付け体験をして、海洋センター前のきれいなビーチから送り出してあげませんか?砂浜をよちよちと歩く子ガメは、とっても可愛らしいですよ。放流した証として「放流記念カード」がもらえ、再発見情報もお知らせします。

Read More

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメ調査・保全活動に参加/支援したい!

ウミガメの調査・保全活動は、まだまだ人手が足りません。是非ボランティアにご参加ください。参加は難しいけど支援なら...という場合、寄付金も受け付けています。例えば約5,000円で1頭の子ガメを放流できる大きさになるまで海洋センターで育てられます。
みなさんのご協力お願い致します!

Read More

そうだ。調査へ行こう。~聟島列島編~

10/22、聟島列島(通称:ケータ)へ調査に行ってきました。

imgp9124

タイトルだけだと、気の向くままふらっと行ってきました感がありますが(京都とか)、
ちゃんと計画して調査は行なっております。あしからず。

今回の調査では、お婿さん(聟島)もお嫁さん(嫁島)もご機嫌斜めだったようで、
海がバシャバシャで入れない海岸がありました。
仲人さん(媒島:なこうどじま)は知らんぷりだし、困ったものです。調査リベンジが必要ですね。
(ちなみに媒島はウミガメがあがるビーチがないので、調査はしていません。)

産卵巣数は父島列島の海岸ほどは多くないので、体力的にもいくらか余裕があるのですが、
如何せん『遠い』の一言に尽きます。(海洋センターのボートで、海況が良くても片道2時間ほど)

自然が相手なので、調査がうまく進まなくてもしょうがないけど、なんだかなぁ~…
なんて思っていたら、

ついにできたぁー!!

みなさん、世界には何種類ウミガメがいるか知っていますか?

そうっ! 7種類いるんです。

世の中では「ラッキー7」とか言うけど、奇数っていうのもなんだかなぁ~…

末広がりで「8」の方が縁起がよさそうかなぁ~…

あれをこーして、どれをあーして…

はいっ! できましたっ!

いろいろ終了…からのぉ~

内地のみなさんは長袖を着て秋めいてきているかもしれませんが、まだまだ暑い小笠原。
海洋センターでは稚ガメたちがみんな海へと帰っていき、夏のイベントがいろいろ終了しました。

夜間子ガメの放流会、子ガメdeNight!、ご参加いただいたみなさま・ご協力いただいたガイドのみなさま、多くの方たちのおかげで今年もご好評の上、無事終了を迎えられました。本当にありがとうございました!

そんな素晴らしい夏の思い出を彩った稚ガメたち。
本年度、海洋センターふ化場の結果を発表いたします!
ドゥルルルルル…(ドラム音です)

産卵場のふ化・脱出も、いよいよ終盤!

img_4098

足の踏み場もないくらいだったふ化場も、残す産卵巣は15巣!
一昨日までに、海洋センターから海へと帰って行った稚ガメたちの数は、約15,800頭となりました。
(全巣の脱出が終わったら、正確な頭数をお知らせします)

それに伴い、夏季限定ナイトプログラムの
夜間子ガメの放流会」と「子ガメ de Night!」も、終了が近づいてきました。
稚ガメと触れ合いたいという方は、お見逃しなく!お早めに!
現状の予想では、10月中旬まで開催ができるかどうかという感じです。(あくまでも予想ですが)

サイバーテロってやつか…

サイバーテロ(英: cyber-terrorism)とは、ネットワークを対象に行なわれるテロリズムである。 by Wiki 先生

って、海洋センターのホームページを狙わなくてもよかないですか!?
センターで六角ボルトとか売ってないし…

え~、テロなんて大層なものではなく、上書きされてしまったようで、
googleで「小笠原海洋センター」と検索したトップは今まで通りなんですが、
リンク先が別のサイトに飛ぶようにされている模様です。

検索してくださった方には、ご迷惑をお掛けしています。

なんだか年に1回はこんなトラブルに遭っている気がします。
本当にやめて…よくわからないから、直し方とか…

誰か助けて~!