【カメトピ④】型に囚われた運命

改めて、明けましておめでとうございます。
2018年もみなさんの知的好奇心を刺激するようなトピックを提供していきたいと思います。

新年を迎える前後に出てくるワードとして、「今年の運勢」というものがありますね。
手相とか生まれ年とかで人を占えるってすごいですよね。持って生まれた何かがあるのでしょう。
なんなら、星座とか血液型でも占えちゃってます。血の成せる業ってやつでしょうか。
世界総人口73億を突破したといわれる人類に対して、選択肢がまさかの血液型4択…。

…それって、本当にちゃんと占って…くれてる?

いやいや、別に信用していないとかではないですよ?
朝のニュース番組の最後とか、ついチェックしちゃいますもん。でも…

…毎朝…本当に占ってる?…週1のルーティンワークになってない?

疑心暗鬼はよくないですね。毎朝丁寧に占ってくれているのだと思います。
ただ、信じないというより結果をすぐ忘れちゃうんですね。
人のアドバイスはちゃんと聞いておいた方がいいので、明日から気を付けます。

今回の【カメトピ】は、そんな「血液型」についてです。
ちゃんとウミガメの話をしますので、みなさんついてきてくださいね。

それでは今回の【カメトピ】いってみよ~。

そもそも血液型とは、赤血球の表面にある抗原の違いで、
ヒトはABO式血液型でA型、B型、O型、AB型の4種に大まかに分類される。

実は生物の種によって血液型の分類には特性があり、
例えば、チンパンジーはAまたはO型、ゴリラはみんなB型、猫の90%はA型、
魚はほぼA型、カエルはAB型多目、ウシ・クジラはほぼB型。

では、ウミガメはというと…

みんなB型だそうだ。(ネット調べ)

確かに、産卵上陸するウミガメや水槽内で悠々と泳いでいるカメを見ると、
マイペースな気も…するような。

血液型が性格に影響しているかは定かではないが、
ストレス抵抗性や病気のリスクなどの健康面では、それぞれ関連があるという研究結果もある。

B型は一般的にストレスに強いが、肺炎、気管支炎、すい臓癌に要注意。
また、血液型によって相性の良い食べ物と悪い食べ物がある。

食べ物に含まれる「レクチン」というタンパク質が体内の血液と化学反応を起こし、
細胞の活性などに大きく作用するが、このレクチンには多くの種類があり、
それぞれの血液型との相性があるという。 

ちなみにB型と相性の良い食べ物は、ブロッコリー・白菜・キャベツ。
どれも海洋センターのカメ達の大好物ばかりである。

ちなみにわたくし調べでは、B型の2018年の運勢は…
「恋愛運がハッピー!恋人未満の関係から一気に進展するかも!?」らしいです。

これから春に向けて、アオウミガメは小笠原へ来遊して繁殖期を迎えます。
ハッピーに結ばれたB型カップルがたくさん誕生したら、今年の産卵はどえらいことになりそうです。

まぁ個人的には、恋人未満のカメを見てみたいですね。距離感とか?